車種別エンジンオイル量やカーライフハックを掲載。

くるまのデータ

エンジンオイル コラム

潤滑だけじゃない、エンジンオイルの6つの役割

投稿日:

潤滑以外にもエンジンオイルは役割を持っている

エンジンオイルには大切な役割があります。

潤滑だけだと思われていることが多いですが、

エンジンを守るため、多くの役割があるのです。

 

スポンサーリンク

 

エンジンオイルの6つの役割

潤滑作用

パーツ同士の摩擦を減少させ、滑りを良くして運動効率を高める

 

防錆作用

各パーツに油膜を作り錆の原因となる水分や酸素から守る

 

洗浄作用

各パーツの運動によって発生した異物・金属片等のごみを洗い流す

 

気密作用

ピストンとシリンダー壁の隙間を埋めて、燃料の混合気がピストンから下に漏れないようにする

 

緩衝作用

パーツ同士の衝撃を緩和くるクッションの役割をする

 

冷却作用

エンジンが含む熱を冷まし、オーバーヒートが起こらないようにする

 

やっぱりエンジンオイルは大切

このような沢山の役割を持って、エンジンを守ってくれているエンジンオイル。

しっかりと定期的に交換して、トラブルを防ぎましょう。

 

-エンジンオイル, コラム
-

Copyright© くるまのデータ , 2021 All Rights Reserved.